前へ
次へ

インターナショナルスクールでの1日とは

子どもをインターナショナルスクールに通わせたいという時に、1日がどのように流れていくのかを参考にしたいという人もいるのではないでしょうか。インターナショナルスクールの朝は、9時から9時30分に始まり、そのスクールごとのコンセプトに沿った活動を行います。その後、午前中は幼稚園程度の年代のスクールは英語教育や音楽教育等の専門教育を、小学~高校程度であれば通常の学校と同じ様な授業が進められます。その際、1時間の授業は40分程度の所が多いです。午後のランチの時間は給食があったり、弁当であったり様々です。その後午後の授業等と同時に、子どもたちが自身で選んだ分野の活動を行うという所が多い傾向にあります。自分の興味のある分野の読書等、様々なカリキュラムから選ぶ事が出来ます。そして帰る前の家庭等への連絡事項を確認した会を開き、帰宅となります。インターナショナルスクールの帰宅には、送り迎えが必要な所もあるのでそこも確認しましょう。

Page Top